ホームタグロゼワイン

ロゼワイン

フランク ミュラー|好評を博したFRANCK MULLER×Kisvinの第2弾「Pinot Noir Rosé 2022」を2024年4月12日に発売

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;} フランク ミュラーとKisvin が手掛ける特別コラボレーションの第2弾としてPinot Noir Rosé 2022が登場いたします。FRANCK MULLER×Kisvin Pinot Noir Rosé 2022は、2024年4月12日より直営ブティック店限定の取り扱いにて販売いたします。 スイス時計業界において、伝統的な時計づくりの技法を守りながらも革新的な新作を生み出し続けるフランク ミュラー。ジュネーブ近郊のジャントゥ村に時計づくりの工房「フランク ミュラー ウォッチランド」を構え、レマン湖が眼前に広がる豊かな自然の中で、熟練した職人の手作業による時計づくりを続けています。『Kisvin 』(キスヴィン)とは「ブドウにキスを」という意味で作られた遊び心たっぷりの造語。ブドウとワインにかける情熱を表しています。両社の根底にある、遊び心と情熱が共鳴し、コラボレーションが実現いたしました。 農業生産法人 株式会社Kisvinが、山梨県甲州市塩山(こうしゅうし・えんざん)の地で、 Kisvin Wineryとして新たにワイナリーを立ち上げたのは2013年のこと。代表取締役社長の荻原康弘(おぎはら やすひろ)氏はブドウ農家で、従来はブドウの生産のみを行なっていましたが、定評のあった生食用ブドウに加え、ワイン用ブドウの生産量が軌道にのったために、「育てたブドウを自らの手で上質なワインに仕上げたい」と、前々から構想にあったワイナリーを始めたのです。ワイナリー建設にあたり、迎え入れた醸造責任者は斎藤まゆ氏。ガレージワイナリーと呼ばれるほど小さな醸造所で、世界に通用するワイン造りのスタートをきりました。 ワイン醸造家 斎藤まゆ氏は、米国カリフォルニア州立大学フレズノ校 農学部にてワイン醸造学を修め、その後仏国ブルゴーニュ地方シャブリ、イランシー等で修行を積み日本のワイナリーでも経験を重ねていました。Kisvin Wineryに参画するや、ブドウの品質に対する厳しい視点、基礎を積み重ねアメリカやフランスの生産者にも認められた醸造技術、高い芸術的感性などを反映したワインが、瞬く間に注目を集め、数々のワイン界の権威もSNS等で絶賛。名だたるレストランやソムリエたちから熱望される存在となりました。 現在の栽培面積、約5ヘクタールは全て甲州市塩山地区に位置し、標高350mから600mに分布しています。全てのブドウは栽培家 荻原氏の栽培理論に基づき、棚仕立てにより栽培。栽培品種は ピノノワール・シャルドネ・シラー・ヴィオニエ・甲州・その他生食用ヴィニフェラ種と多岐に渡り、中でもピノノワールは塩ノ山を望む南西向きの斜面を中心に植えられています。 雨除けのトンネルハウスや、自社開発の透明傘をブドウの一房ひとふさにかけるなど、雨の多い日本の気候への対策も積極的に行なっています。品質向上のためには科学的な視点に基づいた、日々の観察と改善に向けての行動力が欠かせません。光合成、植物ホルモン、樹液流、根域と葉面積のバランス保持等、植物生理学の基本概念を尊重するのが栽培管理の中心となっています。 醸造はブドウの品質をワインに反映させるべく、徹底した機材のサニテーション(洗浄除菌)を実施しています。ブドウの状態、ワインの発酵と熟成を見極め、最高の状態でボトリングすることを信条としています。 洗練された味わいと華やかな彩りで気軽に楽しめるロゼワインは、日常や余暇に豊かな時間を演出する飲み物として、フランスでは幅広い世代に愛されています。FRANCK...
- Advertisement -spot_img

A Must Try Recipe