ホームタグソムリエ

ソムリエ

デュシタ二京都 オランダからミシュランスター・シェフを招聘し期間限定の特別ランチ・ディナーを提供

シェフズテーブル「紅葉」にて、5月1日から5日までの5日間京都市下京区に位置する、タイの大手ホテル・不動産開発会社デュシット・インターナショナルが運営する旗艦ラグジュアリーホテル、デュシタ二京都(総支配人:山下誠)は本年5月1日から5日までの5日間、2023年度版のオランダ版ミシュランで星を獲得したオランダ人シェフ、ジョージ・カタラス氏を招聘し、館内のシェフズテーブル「紅葉」にて特別メニューのランチとディナーをご提供いたします。今回の特別メニューは、帆立貝、アサリなどの新鮮な海鮮からアスパラガスやチェリーなど、新緑の季節の旬の食材を世界最高峰の調理技術でアレンジした、ゴールデンウィークの時期に相応しい、豪華で洗練された内容となっております。 カタラス氏は、パリで修業を重ねた後、「世界のベスト50レストラン」で1位に選出されたこともあるコペンハーゲンの名店「ゼラニウム」などを経て、アムステルダムに自らのレストラン「ヴァンデルヴェーン」を2018年にオープンしました。北欧と地中海料理を融合させた独自のスタイルで高い評価を獲得し、開店から僅か2年でミシュラン一つ星を獲得するという偉業を成し遂げています。今回の特別メニューは、そんなシェフ・ジョージの世界観を存分に堪能いただける内容となっています。さらに、「ヴァンデルヴェーン」のソムリエが厳選したワインによるお料理とのペアリングもご提供します。 当館のガーデンフロアに位置するシェフズテーブル「紅葉」では、「和食」および「フレンチ」鉄板カウンター計4台をご用意しており、お食事を楽しみながら、大きな窓越しにホテルの中庭の景観をお楽しみいただけるデザインとなっております。主に関西地方から調達した季節ごとの厳選食材を、シェフの巧みな手技で仕上げご提供しています。 ミシュラン星獲得シェフ、ジョージによる至高のランチ・ディナーコース概要 会場:シェフズテーブル「紅葉」 提供期間:2024年5月1日(水)~ 5月5日(日) 営業時間: ランチ:12:00 ~ 14:30 (14:00 L.O)        ディナー:17:30 ~ 22:00 (20:00 L.O) 料金: ランチコース:お一人様 15,000円(税・サ込) ディナーコース:お一人様 30,000円(税・サ込) 内容:シェフ・ジョージによるおまかせフルコース(ランチ5品、ディナー8品) ※「ヴァンデルヴェーン」のソムリエがお料理に合わせてセレクトしたワインペアリングを別途追加いただけます。 ※当日の仕入れ状況により、食材産地やメニュー内容が変更になる場合もございます。 ご予約およびお問い合わせ先 デュシタ二京都:075-343-7150(ホテル代表) デュシタニ京都についてデュシタニ京都は2023年9月1日にオープン。デュシタニ京都は世界遺産「西本願寺」の門前町のエリアにあります。京の町並に溶け込んだこの地で、日本の繊細な伝統文化とデュシタニの祖国タイの優雅なホスピタリティが織り交ざった最高のおもてなしをご堪能いただけ、美しく居心地の良い客室は言うまでもなく、タイの伝統料理や色彩豊かな和食の醍醐味を味わえるレストラン、隠れ家のようなバー、心とからだの充足を感じる「デバラナウェルネス」、京都の神髄に触れるエクスペリエンス・プログラムなど、「お客様にふさわしいすべて(Everything You deserve.)」をご提供するデュシタニ京都のサービスで、京都を体験するだけでなく、心と五感のあらゆるフルネスを感じていただけます。詳しくはホテル公式サイト (https://www.dusit.com/thanikyotojp)、Facebook (https://www.facebook.com/dusitthanikyoto/)、Instagram(https://www.instagram.com/dusitthanikyoto/) 、X(旧 Twitter)(https://twitter.com/dusitthanikyoto)をご覧ください。 デュシット インターナショナルについて 1948年に設立されたデュシット・インターナショナルまたはデュシタニ パブリック カンパニー リミテッド (DUSIT) は、タイ証券取引所に上場している大手ホスピタリティグループです。その運営は、ホテルとリゾート、ホスピタリティ教育、食品、不動産開発、およびホスピタリティ関連サービスの5つの明確で補完的なビジネスユニットで構成されています。グループのホテル、リゾート、高級ヴィラのポートフォリオには、世界19か国で合計7つのブランド (デュシタニ、デュシット...

異世界の空間、料理、ワインを楽しめる次世代型レストラン『MATT RESTAURANT2.0』が4月20日(土)京都にオープン

日本料理と日本ワインの新時代の到来!?ワインは試飲可能でソムリエが好みに合わせて紹介 【2024年4月20日】京都の中心部、国内外からの観光客が平日も多く集まる京都烏丸四条。地下鉄四条駅から5分、五条駅から2分烏丸通りを歩くと道沿いのビル地下に料理にも拘った日本ワインバーがオープン。地下へ行き扉を開けると京都の街並みからは想像できない統一感のある洗練された空間が広がり、まさに隠れ家的空間で今までにない食体験を提供いたします。予算はランチ¥6,000-¥7,000ディナー¥10,000-¥15,000になります。 弊社はアジア、中東、ヨーロッパ各国の様々な都市をまわり日本の飲食店に何が足りないのかを追求してきました。そんな中「こんな飲食店が日本に欲しい」そんな強い想いをもとに、料理やワインだけではなく数多くのミシュラン店や美術館などのインテリアをデザインした空間デザイナーさんを招き地下に近未来感のある洗練された空間を作ることにしました。 『日本ワイン』の世界発信にも力を入れています。店内には弊社ソムリエとメンバーが日本各地のワイナリーを片っ端から回り選び抜いた130種類以上の日本ワインのみを揃え、ご来店してくださったお客様に試飲していただく機会も設けております。日本ワインへのこだわりがあり、幅広い知識を持つ弊社ソムリエに好みの味や香りを伝えていただくと貴方だけのおすすめワインを紹介いたします。 世界初の透明の赤ワイン【SAMURAI SAUVIGNON】  北海道長沼町のMAOIワイナリー様の特殊技術で造られた透明の赤ワイン。日本の食文化を世界へ発信しようと志す生産者のこだわりが詰まった1本。スカイゴールド色で、時間が経つにつれ赤暗く色が変化するこのワインは日本ワインの新しい時代を示しています。オレンジワインからヒントを得た逸品は、日本の春を彷彿とさせる爽やかな香りと、緑茶を思わせるラグジャリーな後味を持ち合わせており、肉料理や鮨とも完璧にマッチし、単独でもその味わいを存分に楽しめるワインとなっています。 イタリアンシェフが日本食材を自由自在に操り生まれたNew Japanese cuisine を全てアラカルトでリーズナブルに提供いたします。【現代風日本式ラザニア】イタリアの伝統料理ラザニアは、生地にマイクロリーフの巨匠である廿原ええのお様の大葉を使いソースは白味噌ベースにすることで大葉のあっさりした味わいを加えつつ、味噌の強いコクがワインの酸味タンニンと絶妙にマッチ。 【MATTのシグネチャーメニュー和牛タルタルシガレット】韓国ソウルのレストランで流行しているシガレット型のビーフタルタル。弊社ではA5和牛のみを使用し、トリュフを使ったタルタルソースを和えることで他にないゴージャスな味わいが実現。赤ワインは勿論、白ワインにも合うシグネチャーメニュー。 【中東料理フムスと京都賀茂茄子のコラボ】ひよこ豆で作る中東の伝統料理に京都伝統の数時間煮込んだ賀茂茄子をトッピング。賀茂茄子の程よい甘味とフムスの塩味がワインを加速させます。ワイン好きにはぜひ食べていただきたいメニュー。 料理のグランドメニューは、全てアラカルトで19品揃えております。全てにおいてストーリーがあり、新しい日本料理を心ゆくまで堪能いただけます。 店舗詳細 店名:MATT RESTAURANT2.0 住所:京都府京都市下京区御供石町368北坂ビルB1F アクセス:烏丸五条駅:徒歩5分 営業時間:12:00〜0:00(L.O 23:30)(Lunch)12:00-16:00(Dinner)16:00-22:00(Bartime)22:00-0:00 席数:カウンター8席、テーブル4席 定休日:臨時休業日除き年中無休 ※その他、年末年始、GW、夏季休暇、SWなど、不定休となっております。 ご予約に関してはお問い合わせください。 MATTについて 世界の文化と日本の伝統的歴史からインスピレーションを得て、MATTは「日本」というブランドの本質を再定義する事を掲げています。私たちの使命の核心には、ワインと料理への深い情熱があり、リラックスした雰囲気で一口一口が共有される新しい日本の食事の時代を探求します。さらに、品質とプライスに優れたワインの選りすぐりを誇りとし、それらが新しい日本料理に合わせられ食体験の向上をはかります。私たちは、MATTを体験された全てのお客様と一緒に素晴らしい時を過ごし、すべての瞬間を特別なものにできるよう日々励んでおります。日本は縄文時代に始まり、仏教の伝来、貴族の繁栄、武士の台頭、そして多様な文化の発展を経て、国家としての統一へと至る豊かな歴史と文化を大切にしてきました。明治維新や第二次世界大戦を経て、日本は独自の伝統と革新の融合を世界に誇る先進国としての地位を確立しました。しかし、これらの要素を調和させることは現代社会において大きな課題です。大きな変革期には外国の技術や文化の取り入れがあり、日本の独自の伝統や価値観を保持しつつ近代化を推進してきました。現代は、ソーシャルメディアの普及により、この課題が国にとってますます重要になっています。一方、隣国のタイの経済成長や韓国の産業の国際的な評価は、我々日本人にとって重要なインスピレーションとなっています。私たちは様々な国の強みからインスピレーションを得て、新たな日本を見つけ出し、新たなチャンスを掴むために日々試行錯誤を続けています。MATT JAPANに関する詳細はmattjapan.comをご覧ください。

ブドウ品種に詳しくなろう! ワイン初心者&迷子向け試飲セミナー「ワイン、基本のキ」が開講。参加者募集中!

フィガロワインクラブによる全6回ワイン試飲セミナーの開講が決定! 初回の講座を4月10日に「cask /W TORANOMON」にて開催します。「ワインは好きだけど、あまり詳しくはない」「値段とラベルのデザインで選んでるけど、味わいについてもっと知りたい」という方に朗報! フィガロワインクラブによるワイン初心者、ワイン迷子向け試飲セミナー「ワイン、基本のキ」全6回の開講が決定、初回の講座を4月10日に実施します。この講座の参加者(定員40名)を現在募集中です。 詳しい記事はこちら: https://madamefigaro.jp/lifestyle/gourmet/240325-kihon-no-ki.html 各回の試飲では4種類同時に試飲予定。左からシャルドネ エクスプレッション リザーヴ2022 ¥2,959/ヴィラール ファイン ワインズ(チリ)、リースリング トロッケン2021 ¥3,629/ロバート ヴァイル(ドイツ)、サブミッション カベルネ ソーヴィニヨン ¥2,529/689セラーズ(アメリカ)、ブルゴーニュ ルージュ レ シャン ド ラ クロワ2021 ¥2,749/ドメーヌ デュ...
- Advertisement -spot_img

A Must Try Recipe